北海道札幌市清田区にある「湯の郷 絢ほのか 札幌清田」

  1. instagram
  2. Facebook
  3. LINE

岩盤浴

岩盤浴「癒蒸洞」のご案内

悠蒸洞(ゆじゅどう)
岩盤浴「癒蒸洞」(ゆじゅどう)

岩盤浴は、温めた岩盤や石の上で横になり、湯着のまま身体を温める温熱浴です。
温められたブラックシリカ、麦飯石などの床は、マイナスイオン、遠赤外線を放射し、体を芯から温め、血行が促進されます。
当館では、低温の「美蒸洞」、中温の「宝蒸洞」、高温の「炎蒸洞」の3タイプ計80床の岩盤浴とクールダウンのお部屋をご用意。
4つの癒しが心身をときほぐします。

営業時間:朝7時~深夜2時
深夜2時~朝7時までの間はご利用いただけません。
宝蒸洞(ほうじゅどう)
宝蒸洞(ほうじゅどう)

ミネラルたっぷりのヒマラヤ岩塩と大粒の天然石に加え新しく8種類の薬石を使用した岩盤浴が増えました!
【 室温48℃ / 34床 】

炎蒸洞(えんじゅどう)
炎蒸洞(えんじゅどう)

洞窟をイメージし、天然石による遠赤外線効果プラス高温・高湿で発汗量も多く岩盤浴通の方にも人気です。
【 室温56℃ / 14床 】

  • 美蒸洞(びじゅどう)
  • 美蒸洞(びじゅどう)
美蒸洞(びじゅどう)

「一部女性専用スペース」をご用意。
韓国風に座っておしゃべりもOK!(他のお客様のご迷惑にならないようご注意願います。)
【 室温42℃ / 32床 】

氷涼洞(ひょうりょうどう)
氷涼洞(ひょうりょうどう)

クールダウンルームとなります。
岩盤浴の合間にカラダのほてりを鎮め無理のないご入浴を
【 室温14℃ 】

ページ上部へ戻る